道路や河川、林道、ダム、トンネル、橋等々あらゆる公共インフラの建設工事において最初に行われるのが測量です。測量・調査の結果が都市計画や開発などの基礎資料になるほか、建造物の建設条件を決定付ける重要な要素になるため、日々使命感をもって取り組んでいます。

公共測量

地方自治体で整備する公共インフラ建設のための計画に使用する基礎データを各種測量技術により測量します。当社では最新の測量技術を駆使した測量を行います。
基準点測量、水準測量、地形測量、GNSS測量

用地測量

用地測量は、土地の取得・売買等に必要な書類作成及び図面作成のための測量です。道路拡張をはじめ各種開発事業に伴う用地取得のための基礎資料となるため、地権者の財産に関わる重要な任務であることを念頭に置き、正確かつ誠実な姿勢で取り組んでいます。

深浅測量

深浅測量は、海底や川底の地形を把握する測量技術です。測量船に音響測深器を取り付け、発射された音波が海底・川底で反射して戻る時間から水深を導き出し、地形情報として計測します。当社では高度な技術が必要とされる深浅測量でも豊富な実績があります。

物件調査

公共事業に伴い用地を取得する際、その土地が建物等の敷地の場合は各種動産(建物、附帯工作物、庭木、庭石等)の移転が必要です。各種基準に準拠した適正な移転補償金の算定が必要となるため、物件の調査及び補償金の算定を施工者である国や地方公共団体に代わって実施します。

認可申請関係図書類作成

採取認可申請、林地開発許可申請、一般許可申請などに必要となる各種申請図書類を作成します。経験と実績豊富なベテラン社員がお客様へのアドバイスを交えながら現地調査から申請手続きまで一貫しておこない、高評価を得ています。

地質調査

土木施設を設計・施工する際に、地下構造(地質)の調査が必要になります。当社ではボーリング調査により地質や岩盤を詳細に調査したうえで、信頼性の高い地質・地盤データを提供しています。

工事測量

土木工事に伴う工事測量の現場では近年のICT導入による技術革新がめざましく、弊社でも起工測量や出来形測量の場面でドローン(UAV)や3Dレーザースキャナ(TLS、MMS)による3D計測・測量を実施しています。また、ICT建設機械で利用するための3D設計データの作成も行っております。経験豊富な実績を持つ当社技術者が工事現場でも活躍しています。

お気軽にお問い合わせください。0225-94-1516営業時間 8:15-17:30 [土・日・祝日除く]

お問い合わせ